もつ鍋の歴史と女性に嬉しい美容効果

###Site Name###

もつ鍋はホルモンとも呼ばれる牛や豚のもつと野菜を一緒に炊いた鍋料理です。

福岡県発祥の料理で、もつとニラをアルミ鍋に入れて醤油で炊いたものが原形であったとされています。

その後福岡県周辺でキャベツを安定して生産できるようになったことから、これらの具材にキャベツが加わり現在のもつ鍋となりました。

一般的な調理方法は、スープの風味付けやもつの臭い消しのためあらかじめスープにニンニクを入れておき、もつを入れてキャベツやニラを上に重ね、最後にみじん切りしたトウガラシを振りかけて火にかけるというものです。

スープの味付けは2種類あり、かつおぶしや昆布で取っておいたダシに醤油を入れるものと味噌を入れるものがあります。



ボリュームがあり安いもつ鍋は男性に人気ですが、野菜ともつを同時にたくさん摂れるもつ鍋は女性こそ食べるべき料理と言えます。

まずもつ鍋のメイン食材であるもつはタンパク質であり、肌のハリを保つ効果を持つコラーゲンが豊富に含まれています。

もつ鍋についての情報を提供しています。

さらにミネラルやビタミンも豊富なので栄養の吸収を助けてくれます。

スープの美味しさを吸ってくれるキャベツはお腹に優しいビタミンUや身体の酸化を防ぐビタミンCが豊富です。


味のアクセントとなるニラには食欲増進や疲労回復効果のある硫化アリルの他、むくみ解消に効くカリウムと便秘解消の食物繊維が含まれています。

そして鍋全体を大人の味に仕上げてくれるトウガラシには脂肪燃焼と代謝アップ効果のあるカプサイシンが含まれています。

livedoorニュースを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。